ソ・ポ戦争における装甲列車と戦車、航空機

ポーランド軍は装甲列車の運用に力を入れており、約80編成の装甲列車を製造(装甲機関車60両、装甲貨車300両)、1918年から1920年までの間に37編成の装甲列車を鹵獲した(うち31編成がボリシェヴィキから)。どの戦線にも投入され、7月は撤退するポーランド軍の支援を行い、ワルシャワ防衛戦に投入された第1装甲列車隊はミンスク・マゾビエツキ奪回に活躍している。 「……暗くなったにもかかわらず装甲列車…