『独ソ戦』カードゲーム(ベータ版)

1.0 はじめに

 このゲームは2人用で、1人がドイツ軍、もう1人がソ連軍を受け持って独ソ戦を戦います。軍事的な意味合いの「通常戦争」、占領地からの略奪を表す「収奪戦争」、そして世界観に基づく「絶滅戦争」の3タイプの戦い方を駆使して勝利を目指します。戦いについては、詳しくは『独ソ戦』(大木毅/岩波新書)をお読みください。


2.0 コンポーネント

  • カード16枚(ベータ版では1枚はルールブックのアドレスが入ったQRコードが印刷されており、ゲームには使用しません。また戦況図はカード2枚分のサイズになっています)
  • マーカー1個(何かご用意ください)

2.1 カード

 カードには以下の種類があります。

戦況図: 独ソ戦の戦況を表すもので、最前線がどこにあるのかマーカーを置いて表示します。

通常戦争カード: 1-7の数字が印刷されたカードで全部で8枚あります。

収奪戦争カード: 同じものが2枚あります。

絶滅戦争カード: 1941年から1945年までの年号と、2-6までの数字が印刷されています。全部で5枚あります。

2.2 マーカー

 戦況図の上に置いて、最前線がどこにあるのかを表示します。※各自でご用意ください。

 

3.0 ゲームの準備

  1. 誰がどの軍を受け持つのかを決めます。
  2. 絶滅戦争カード5枚を脇に避けておきます。
  3. 収奪戦争カード2枚も別にしておきます。
  4. ドイツ軍プレイヤーに「通常戦争カード: 7」を渡します。
  5. 残ったカード(通常戦争カード7枚)をシャッフルして、ドイツ軍プレイヤーに3枚、ソ連軍プレイヤーに1枚配ります。ドイツ軍プレイヤーの手札は4枚、ソ連軍プレイヤーの手札は1枚でスタートします。
  6. 残ったカードに収奪戦争カード2枚と1941年の絶滅戦争カードを加えてシャッフルして、裏面を上にして山にします。この山を以後「デッキ」と呼びます。
  7. マーカーをワルシャワに置きます。

 

4.0 プレイの手順

 ドイツ軍プレイヤー、ソ連軍プレイヤーの順番に、交互に次のいずれか1つを行います。

  1. 通常戦争
  2. 補給

4.1 通常戦争

 通常戦争を行うプレイヤーは、手札にある通常戦争カード1枚を裏返して手前に出します。相手は、それに応じて通常戦争カードを出す、または出さないでおくことができます(ただし、出さなければ自動的に負けます)。両者が通常戦争カードを出せばカードをオープンして数字を比べます。大きいほうが勝利します。マーカーを相手の首都(ベルリンまたはモスクワ)に近づくように次の都市へ動かします。同数なら引き分けでマーカーは動きません。

  • ソ連軍プレイヤーは、絶滅戦争カードを通常戦争カードとして使用できます。ドイツ軍プレイヤーはこのような使い方をできません。
  • 通常戦争をしかけられ、カードを出さないで負けた場合は、マーカーを2都市分移動させます。マーカーが行き止まりまで移動すると、それ以上先には動きません。
  • 収奪戦争カードが1枚オープンになっている時(後で説明します)、ドイツ軍が勝利したら、点線の矢印方向にしかマーカーを動かせません。収奪戦争カードがまだ出ていなければ、好きな方向に動かすことができます。
  • マーカーが自分の首都にある時、通常戦争に敗れたプレイヤーは、手札1枚を捨てなければなりません。カードを出さないで負けた時は2枚捨てなければなりません。

4.2 補給

 デッキ一番上のカードを1枚引きます。通常戦争か絶滅戦争なら自分の手札に加えます。収奪戦争なら表面にしてデッキの横に置きます。代わりのカードほ引くことはできません。手札の上限は4枚です。既に4枚持っているプレイヤーはカードを引けません。

  • 1枚目の収奪戦争カードがオープンになったら、以後、ドイツ軍は通常戦争に勝利しても点線の方向にしか移動できません。
  • 2枚目の収奪戦争カードがオープンになったら、1年が終わったことになります。もし、この時点で手札を1枚も持っていないプレイヤーがいれば、そのプレイヤーの敗北でゲームが終了します(政権が崩壊したものと考えます)。両プレイヤーとも1枚以上の手札を残していれば、戦争は翌年に持ち越されます(5.0参照)。
  • ドイツ軍プレイヤーが絶滅戦争カードを引くと、手札にはできずに捨て札とします。代わりのカードを引くことはできません。ソ連軍プレイヤーは絶滅戦争カードを手札に加え、通常戦争カードとして使用できます。

 マーカーがベルリン、ブダペスト、ワルシャワにある時は、ドイツ軍プレイヤーはデッキからもう1枚カードを引けます(引かなくても構いません)。マーカーがモスクワ、レニングラード、スターリングラードにある時、ソ連軍プレイヤーはデッキからもう1枚カードを引けます(引かなくても構いません)。


5.0 2年目以降の戦争とゲームの勝敗

 2枚目の収奪戦争カードがオープンになったら、次のことを行います。

  1. 手札を持っていないプレイヤーは敗北します。2人とも持っていない時はそのままゲームを続行します。
  2. ゲームが続くのであれば、次のことを行います。
    • ドイツ軍プレイヤーは捨て札になっている好きな通常戦争カード1枚を手札に加えることができます(もちろん一番数字の大きなカード(7があれば7)を選ぶことになります)。
    • 収奪戦争カード2枚と残りの捨て札をデッキに戻し、さらに次の年の絶滅戦争カード1枚を加えてシャッフルし、新たなデッキにします。
    • 1942年と44年の開始時はソ連軍プレイヤーから、43年と45年の開始時はドイツ軍プレイヤーから自分の手番を行います。
  3. 1945年が終わった時点で決着がついていない場合、マーカーがミンスクかそれより東にあればドイツ軍プレイヤーの勝利、それ以外はソ連軍プレイヤーの勝利とします。

ダウンロード:

カード表面

カード裏面